肛門外科・胃腸内科やまだクリニック

肛門外科・胃腸内科やまだクリニック

menu

診療日時

月〜土 :AM 9:00-12:30

月火水金:PM14:30-17:30

※日曜・祝日は休診させて頂きます

福岡市西区姪浜駅南2-1-37メディカルビル竹下3F

肛門外科・胃腸内科やまだクリニックへのお問い合わせはお電話092-883-2488まで!

肛門外科・胃腸内科やまだクリニックへのお問い合わせはお電話092-883-2488まで!

胃腸科 胃腸の疾患に対して専門的な検査・診断・治療を受けることができます

当クリニックは、消化器内視鏡専門医として胃がんや大腸がん等の早期発見、
治療に努めております。

大腸内視鏡検査の流れ 大腸内視鏡検査のQ&A 胃内視鏡検査の流れ 胃内視鏡検査のQ&A

内視鏡専門医のいる胃腸科

胃腸の「不安」を専門医の検査で「安心」へ

当クリニックでは、従来の口から挿入する検査に加え、
苦痛の少ない鼻から挿入する検査も行なっています。

消化器内視鏡専門医が内視鏡検査を行ないます

こんな症状ありませんか?(胃)

胃全体を詳細に観察し、胃がんリスクなどに備えるための検査です。
日常生活、仕事などの制限はありませんが、お薬の内服や食事には注意が必要です。

検査前日

お薬…

普段から内服しているお薬は飲んでいただいてかまいません。
糖尿病、心臓病、脳梗塞などで治療中の方は、検査前にお申し出下さい。

食事…

消化の良い物を食べ、油もの繊維の多い物
(生野菜、わかめなど)は控えて下さい。
夕食は夜8時までに済ませ、9時以降の食事は
避けて下さい。(お水、お茶はかまいません)

その他…

平常通りの生活、仕事を行ってかまいません。

検査当日 朝

お薬…

当院で指定されたお薬を、水又はお茶でお飲み下さい。

食事…

食事は食べられませんが、お水、お茶は
飲んでもかまいません。

その他…

お腹をしめつけないよう
楽な服装でご来院ください。

検査前

検査 準備

1:血圧を測ります
2:胃をきれいにするお薬を飲んでいただきます
3:のどの奥の麻酔をするために、お薬を
  口に含んでいただきます
4:胃の動きを止める注射、加えて
  鎮静剤の注射をする場合もあります。 

検査

検査

1:ベルトとズボンのボタンをゆるめます
2:検査中は目を軽く開けて前を見ましょう
3:のどと肩の力を抜きましょう
4:口の中にツバがたまったら、飲まないで
  出しましょう
5:個人差はありますが、検査時間は5~10分位です

検査が不安な方はお薬を使い、うとうとした状態で楽に検査を受ける方法があります。
ご希望の方はご相談ください。

検査後

検査後

少し安静室で休んで頂き、その後診察室で
写真を見ながら説明があります。
約1時間後には食事もできます。

検査時間は5〜10分間位で、お薬を使って楽に受けることもできます。
のどの麻酔を十分行い、少し力が抜ける様なお薬(鎮静剤)も使用します。
検査時間も10分前後ですので、以前苦しかった方も楽に受けることができます。
検査は消化器内視鏡学会専門医の院長が行いますので、
ご安心していただけると思います。

胃カメラの場合は下剤を飲む必要はありません。
検査前日の午後8時以降絶食すれば大丈夫です。
お茶、お水は飲んでも構いません。

予約すればできます。
基本的には午前中に行う検査ですが、朝、昼絶食すれば検査可能です。

検査に使用した内視鏡は全て一回ごとに洗浄、消毒を行っておりますので、
安心して検査を受けていただけます。

健康保険3割負担で約5000円位です。

血液検査で行っています。(費用1500円)

平成23年2月から行っています。
やわらかい極細径内視鏡(5.9mm)で
行いますので、のどの反射が軽く、
心臓に負担をかけず楽に受けられます。

基本的には1年に1回すれば心配はありません。
ピロリ菌や胃粘膜萎縮の有無(胃がんリスク)、
お薬を飲んでも症状がよくならない場合や
前回の検査で異常が見つかった場合で異なります。

診察に関してのお問い合わせは092-883-2488

トップページ > 胃腸科 > 内視鏡検査について