肛門外科・胃腸内科やまだクリニック

肛門外科・胃腸内科やまだクリニック

menu

診療日時

月〜土 :AM 9:00-12:30

月火水金:PM14:30-17:30

※日曜・祝日は休診させて頂きます

福岡市西区姪浜駅南2-1-37メディカルビル竹下3F

肛門外科・胃腸内科やまだクリニックへのお問い合わせはお電話092-883-2488まで!

肛門外科・胃腸内科やまだクリニックへのお問い合わせはお電話092-883-2488まで!

胃腸科 胃腸の疾患に対して専門的な検査・診断・治療を受けることができます

当クリニックは、消化器内視鏡専門医として胃がんや大腸がん等の早期発見、
治療に努めております。

内視鏡専門医のいる胃腸科

胃腸の「不安」を専門医の検査で「安心」へ

胃腸科とは胃と大腸の病気(疾患)を対象に、診断・治療します。
一般的に胃腸科で扱う疾患は、胃炎や胃潰瘍、胃ポリープ、
胃がん、潰瘍性大腸炎、大腸ポリープ、大腸がんなどになります。

当クリニックでは、消化器内視鏡専門医が内視鏡検査を行ないます

こんな症状ありませんか?(胃)

日本人は欧米人に比べて、胃がんが多いと言われています。

早期胃がんの症状は、「なんとなく胃がもたれる」、「げっぷが多い」、 「食欲がない」「胃がムカムカする」程度が多く、ほとんど症状がないのが 普通です。

知らないうちに病気が進行している場合も多く見受けられます。 その一方、胃がんは早期に発見し、適切な治療を受ければ心配ありません。 年に一回は定期検診を行い、がんの早期発見を心がけましょう。

胃内視鏡検査チェック 1.胃もたれや、胃の痛み、胸焼け、食欲不振が続いている 2.喉の違和感が続いている 3.貧血を指摘されたり、急激な体重減少があった 4.健康診断で、ピロリ菌が陽性だったことがある 5.検診や人間ドックのバリウム検査で異常を指摘された 6.40歳以上の方で胃内視鏡検査を受けたことがない 7.黒い便が出た 8.血縁者が胃がんになった
胃内視鏡検査の流れ

胃内視鏡検査を受けられる場合の
薬や食事の注意事項を検査前日から
検査後までご説明いたします。

胃内視鏡検査のQ&A

胃内視鏡(胃カメラ)検査について
患者様から寄せられたQ&Aに
お答えしています。

検査時間 ……10分間
費用 ……約5000円(健康保険3割負担の場合)

※胃ポリープの治療について
小さなものや、早期がんの場合は内視鏡で切除することができます。

診察に関してのお問い合わせは092-883-2488

こんな症状ありませんか?(大腸)

大腸内視鏡検査チェック
排便時に出血を認めたり、便に血が混じっている方
検診で便潜血反応が陽性となった方
貧血を指摘されたり、急激な体重減少がある方
おなかの調子が悪い方(腹痛、腹部膨満感など)
便通異常のある方(便秘、下痢、便が細いなど)
過去に大腸ポリープがあった方
血縁者が大腸がんになった方
40歳以上の方で大腸内視鏡検査を受けたことがない方

当クリニックでは
・S状結腸内視鏡検査
・全大腸内視鏡検査
二種類の大腸内視鏡検査を実施しています。

S状結腸内視鏡検査

大腸がんのできやすいS状結腸と直腸を観察する検査です。
下剤の服用の必要はありません。

大腸がん検診のおすすめ

大腸がんは、約70%がおしりに近いS状結腸・直腸に発生します。
通常は下剤を飲み、腸内を空にして検査しますが、
当クリニックでは下剤が不要なS状結腸内視鏡検査をお勧めしています。
お気軽にご相談下さい。

検査時間 ……約3分間
費用 ……約2700円(健康保険3割負担の場合)

S状結腸内視鏡検査の詳細はこちら

全大腸内視鏡検査

鎮静剤を使用しますので苦痛を感じることなく肛門から盲腸まで大腸全体を検査受けることができます。
下剤を服用する必要がありますので、事前に診察を受けていただき予約制で行っています。

全大腸内視鏡検査の流れ

大腸内視鏡検査を受ける場合
薬や、食事の注意事項を、検査前日から
検査後までご説明いたします。

全大腸内視鏡検査のQ&A

大腸内視鏡検査について
患者様から寄せられたQ&Aに
お答えしています。

検査時間 ……約10~30分間
費用……約5000円(健康保険3割負担の場合)

※大腸ポリープの治療について※
小さなものは内視鏡で切除することができます。
大きなものは入院が必要になります。

診察について

診察の前に

・特別な準備は必要ありません

・診察に備えて体に密着した服装や、脱ぎにくい服は避けてください

・あらかじめ、自分で症状を整理しておきましょう ( 症状が始まった時期、頻度、その時の状況など)

特別な場合(大腸内視鏡検査を希望する場合など)を除き、予約は必要ありません。

診察に関してのお問い合わせは092-883-2488
診察の流れ

肛門科と同様、診察の流れは一般的に以下のようになります。

受付で手続きを行い、問診表を記入します。

直接、口頭で伝えにくい内容などは問診表に書いてお伝えください。

問診表

  • 現在の症状(痛み、出血、違和感など)
  • いつから症状があるのか
  • 今までにかかったことのある病気
  • 現在治療中の病気や内服薬
  • 妊娠の可能性のある方、妊娠中、授乳中など

医師による問診を行います。

 

どんな症状があるか、今までどんな病気をしたか、
食事や排便の様子、普段の生活習慣をお聞きします。

問診が終わった後で、診察を行います。

視診や触診などの診察と問診の内容を合わせて、
診断を行ないます。

診察結果の説明をします。

診断結果と治療方針について、分かりやすく
説明させて頂きます。
必要であれば、検査の説明も行ないます。

トップページ > 胃腸科 > 胃腸科について