胃内視鏡検査の流れ

胃内視鏡(胃カメラ)検査を受けられる場合の薬、食事の注意事項です。

検査前日

日常生活、仕事などの制限はありませんが、お薬の内服や食事には注意が必要です。

お薬 普段から内服しているお薬は飲んでいただいてかまいません。
糖尿病、心臓病、脳梗塞などで治療中の方は、検査前にお申し出下さい。
食事 消化の良い物を食べ、油もの、繊維の多い物(生野菜、わかめなど)は控えて下さい。
夕食は夜8時までに済ませ、9時以降の食事は避けて下さい。
(お水、お茶はかまいません)
その他 平常通りの生活、仕事を行ってかまいません。

検査当日

お薬 指定されたお薬を、お水又はお茶でお飲み下さい。
食事 食事は食べられませんが、お水、お茶は飲んでもかまいません。
その他 お腹をしめつけないよう 楽な服装でご来院ください。

検査前

  1. 血圧を測ります。
  2. 胃をきれいにするお薬を飲んでいただきます。
  3. のどの奥の麻酔をするために、お薬を口に含んでいただきます。
  4. 胃の動きを止める注射、加えて鎮静剤の注射をする場合もあります。

検査

検査室で以下のことを行います。気持ちを楽にして検査を受けましょう。

  1. ベルトとズボンのボタンをゆるめます。
  2. 検査中は目を軽く開けて前を見ましょう。
  3. のどと肩の力を抜きましょう。
  4. 口の中にツバがたまったら、飲まないで出しましょう。
  5. 個人差はありますが、検査時間は5~10分位です。

以前、検査が大変だった方には鎮静剤の注射を使い、うとうとした状態で楽に検査を受ける方法もあります。
ご希望の方はご相談ください。

検査後

  1. 少し安静室で休んでいただきます。
  2. 診察室で写真を見ながら説明があります。
  3. 約1時間後に食事ができます。

組織検査を受けられた場合は後日改めてご説明いたします。