便秘の分類

便秘の分類

器質性便秘

大腸の長さや大きさに異常がある場合、または手術後の癒着、炎症、大腸がんやポリープなどによって腸の中が狭くなった場合に起こる便秘です。速やかに検査を行い、原因に応じての治療が必要です。

機能性便秘

大腸の運動や働きに異常がある場合に生じる便秘です。

A 弛緩性便秘

大腸の運動が弱くなり、便が排出できないような状態です。
排便時に腹圧をかけるのに必要な腹筋の筋力の低下、食物やストレス、薬物(鎮痛剤,抗不安薬など)が原因になります。
高齢者や女性に多くみられます。腸の運動(ぜん動)を良くするようなお薬で調節します。

B けいれん性便秘

大腸が緊張したままになって、便が排出できないような状態です。
ストレスや自律神経のアンバランス、特に副交感神経が緊張しすぎることによって起きる便秘です。
腹満感、不快感、痛みがあり、排便があっても、便は硬く、量が少なくなります。
治療はストレスなくして、腸の動きを調節するようなお薬になります。

C 直腸型便秘

脊髄の病気による排便反射の障害や、便意を我慢することを繰り返して刺激感受性が低下し、
直腸の動きが悪くなった状態です。
排便があっても、すっきりしないなど、残便感が多くみられます。
お薬でコントロールをしますが、改善しない場合は「バイオフィードバック」と言った特別な機能訓練が必要になります。