肛門外科・胃腸内科やまだクリニック

肛門外科・胃腸内科やまだクリニック

menu

診療日時

月〜土 :AM 9:00-12:30

月火水金:PM14:30-17:30

※日曜・祝日は休診させて頂きます

福岡市西区姪浜駅南2-1-37メディカルビル竹下3F

肛門外科・胃腸内科やまだクリニックへのお問い合わせはお電話092-883-2488まで!

肛門外科・胃腸内科やまだクリニックへのお問い合わせはお電話092-883-2488まで!

胃腸科 胃腸の疾患に対して専門的な検査・診断・治療を受けることができます

予防接種

感染症の発症や、周囲への感染を防ぐためにも
「病気を未然に防ぐ」一歩である、予防接種を検討しましょう

当クリニックで可能な予防接種は以下になります

インフルエンザ / おたふくかぜ / 水痘(水ぼうそう) / 麻しん・風しん / 肺炎球菌 / B型肝炎

以下の症状の方が接種できません。

・37.5℃以上の発熱
・下痢、嘔吐などの著しい体調不良

インフルエンザ

毎年、1月下旬~2月上旬が流行のピークです。
予防接種を受けてから、抗体ができるまで約2週間かかり、
効果は5か月間持続しますので、早めの接種をお勧めします。
インフルエンザのワクチン接種に予約は不要ですが、
ワクチンの在庫に限りがございます。
できれば、事前にお電話で在庫をご確認ください。

費用:3500円

おたふくかぜワクチン

 

片側あるいは両側の唾液腺の腫脹(ほっぺたの腫れ)を
特徴とするウイルス感染症です。
最も多い合併症は髄膜炎で、その他に髄膜脳炎、睾丸炎、
卵巣炎、難聴、膵炎などを発症する場合があります。
効果的な予防としては、ワクチン接種が唯一の方法です。

費用:6500円

水痘(水ぼうそう)ワクチン

 

水痘(水ぼうそう)は、水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染した時に発症する急性のウイルス感染症です。
水痘は感染力が極めて強く、免疫がなければ感染後2週間程度の潜伏期間を経て発疹が出現します。
水痘を発症し、治癒したあとでも、数年~数十年を経て
帯状疱疹を生じることがあります。

費用:7000円

麻しん(はしか)・風しん混合

30~50代の男性は風しんへの抵抗力が弱い人が多く、海外
渡航などで風しんに感染するケースも数多くみられます。
妊娠初期の女性が風しんにかかると、風しんウイルスが胎児に感染して、出生児に先天性風疹症候群 (CRS)と総称される
障がいを引き起こすことがあります。

費用:8000円

肺炎球菌ワクチン

 

肺炎球菌は肺炎の原因となる細菌として最も重要です。
それ以外にも慢性呼吸器感染症、中耳炎、副鼻腔炎、敗血症、髄膜炎等の原因にもなります。

65歳以上の高齢者及び小児が主な接種対象です。

費用:7000円

B型肝炎ワクチン

DNA型ウイルスであるB型肝炎ウイルス(HBV)によって
引き起こされるウイルス性肝炎です。
2016年4月以降、0歳児を対象に、定期接種となりました。
任意接種を受けることもできます。

費用:6000円

診察に関してのお問い合わせは092-883-2488

トップページ > その他の診療科目 > 予防接種について